クリエイターさんと一緒に創り上げる翻訳版の制作!亀の歩みで時間と労力をかけた翻訳本 The Rainbow Dragonfly and The Dragon Princess

 著者うた のりこさんの「にじいろとんぼとりゅうのお姫様」を翻訳させて頂きました。英語の題名は「The Rainbow Dragonfly and The Dragon Princess」と言います。ご依頼を頂いたのは今年の2月上旬。制作に3か月を費やしました。



 ご依頼から出版まで時間を要したには理由があります。作品のページ数も多かったこともありますが、3月より私のスケジュールが変わった為です。それまでオンラインの仕事がメインでした。しかし、琵琶湖を題材としたこの作品を手がけると同時にハイアーセルフからメッセージを受け取りました。それは琵琶湖でのスピリチュアルリトリートプログラムを行うことについてでした。また、それ以外の出張セッション、先祖供養セッションなどのご依頼も増えたために、その合間で翻訳作業を進めさせて頂いたことが理由で制作に3か月が費やされました。


 私はスピリチュアルカウンセラーとしての仕事が本業です。仕事柄エネルギーを扱うために自分のエネルギーがしっかり整い、良いエネルギーと共に手が動く時のみ翻訳作業を行なっています。それはハイアーセルフとしっかり繋がった作業だからです。またそのような状態の時のみオンラインでのミーティングやセッションを行なっております。


 出張先や疲れて帰った状態、体調不良などのエネルギーが整わない状態では翻訳作業は進めません。なぜなら私が扱うエネルギーが翻訳される文字やその裏側にあるエネルギー的な振動に影響を与えるからです。


 またオンラインでお会いする場合はそれらのエネルギーを発信してしまうことになり、クライアント様に悪影響を与えてしまうことがあるかもしれません。エネルギーは目に見えないのですが、確実に影響を与えます。また決断を左右する条件にもなりますので、特にこの点には気をつけております。



 また今回はこれらの状況を、うた のりこさんにご理解頂き、亀の歩みで時間と労力をかけて翻訳を制作させて頂きました。うた のりこさん本当にありがとうございました!


↑うた のりこさんより頂いたメッセージです。

 毎回のオンラインでの翻訳ミーティングは、作業の終わった翻訳の読み上げと説明を行いました。「この部分ではこの単語を使います。なぜなら理由は〇〇だからです。」などの説明を細かく行なっています。なぜなら作者の意図を表現するには、教科書的な翻訳ではなくベストな表現を探す必要があります。それには、著者の思い、お人柄を知ることは大切な作業だと思っています。そのために、翻訳ミーティングは大切な作業の一つです。60分から90分のオンライン翻訳ミーティングを何度行ったことでしょうか?そうやってのりこさんと細かい部分の修正などのやりとりを重ねて行きました。


 丁寧な思いと、丁寧な姿勢、丁寧な行動や態度が積み重なった作品です。この作品の裏側の目に見えない部分には、このような丁寧なエネルギーや波動で構成されているのです。そのエネルギーは同じ性質を持つ人、環境、コミュニティを引き寄せる鍵となります。翻訳作業は著者、作家、クリエイターの皆さんと一緒に創り上げる共同作業による作品だと思っています。


 こういった事情から、のりこさんには忍耐を持ってお付き合いを頂きました。本当に感謝しています。ありがとうございました。


↑うた のりこさんより、紙の書籍日本語版と英語版そして紙書籍付録のにじいろとんぼをプレゼントして頂きました。感謝!!


 


 のりこさんとのオンライン翻訳ミーティングでは、翻訳のこと以外にお互いに必要なメッセージを得られたり、とても興味深い時間を過ごすことができました。私は琵琶湖に関する重要な情報を頂きました。その情報は滋賀・琵琶湖リトリート参加者の皆様がメッセージやインスピレーションを受け取り、必要な場所へと導かれるための道標となりました。


 この本の原稿を翻訳させていただいた以外に、アマゾンKindle販売ページの作品紹介の部分も、マーケティング目線での文章作成のアドバイスと翻訳をお手伝いさせて頂きました。一度送っていただいた原稿を全て書き直し……そういった作業を経て紹介文が完成しました。


まずは日本語の紹介文をご紹介します。

Amazon Kindle書籍紹介ページより

にじいろとんぼとりゅうのお姫様

水をきれいにするとんぼの話

https://amzn.to/3gr2yFK


以下Amazon Kindle書籍紹介ページより引用


ねえ、「にじいろとんぼ 」って知ってる?

はねはお花の花びらでできていて、からだは虹色のトンボだよ。 大好きなお空を飛んでいる時や、 きれいな花びらではねをかざっている時、 トンボはとってもうれしくて、ワクワクして 体の虹色がどんどん輝き出すんだよ。

そう、お空にかかるあの虹みたいに七色に輝くのよ。


このお話はそんなにじいろとんぼ が、ピンク色の龍のお姫様の背中に乗って伝説の時代に冒険に行くお話。 素敵な仲間との出会いや お話の最後には、お水をきれいにする歌もあるのよ。とっても優しい気持ちになれる歌。 ぜひ、最後まで読んでほしいな。

⭐️どんな冒険か、ちょっとだけ教えてあげるね。


【むかしむかし、大きな大きな湖では、水が汚れてたくさんの生き物が死んでしまいました。そんなとき、一匹のトンボが現れて、湖に住むたくさんのお魚や、鳥たちと一緒に水をきれいにしたというお話がありました。にじいろとんぼ は、水をきれいにしたその一匹のトンボにとっても会いたくて、ピンク色した龍のお姫様にお願いしました。すると、龍のお姫様はこう言いました。


「伝説の時代に行ったら会えるかもしれないよ」

龍はみんなのワクワクした気持ちが大好きなの。 だから、そんなにじいろとんぼ の願いも叶えてあげたくて、たまらなかったの。 こうして、その一匹のトンボに会いに行く、冒険の旅が始まるのよ。


さて、湖に住む生き物たちと一匹のトンボは一体どうやってお水をきれいにしたのかしら。

にじいろとんぼはそのトンボと会えたのかしら。

お話を読んだ後、きれいな水の音♫が聞こえるかもしれないよ。

それでは、にじいろとんぼ と一緒に冒険の旅に出かけましょう!

あなたのワクワクすることも、にじいろとんぼ に教えてあげてほしいな。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


(お話を読んでくださる皆さんへ)

初めまして、このお話を作った、うた のりこです。 私は滋賀県で生まれ、育ちました。滋賀県には日本で一番大きな湖「びわ湖」があります。びわ湖はとっても昔にできた古代湖で、あらゆる命を生み出す湖という意味で、マザーレイクとよんでいます。滋賀県に住むの人たちは、びわ湖をとても大切にしています。海のように広く、初めて訪れた人は誰もがその広さにしばらくうっとりするほどです。


さて、そんなびわ湖も私が子供の頃は、汚れていて、とても臭い匂いがしていました。今では少しずつきれいになりました。それは、みんなでびわ湖の水を大切にしていこうねって、という気持ちを持ち続けてきたことが大きかったと思います。 例えば、自分のお家で使う洗剤を変えたり(約40年前:びわ湖石けん運動)、地域のみんなでゴミを拾ったりするなど、びわ湖にとっていいことをコツコツしてきたことはすごいことだと思います。汚れた水を湖に流さないようにするために、街の下水道の整備や、浄水場の整備などにも力を入れてきたことなどもあげられます。私の知らないところでも、いろんな人たちが、それぞれの立場で、努力されてきたことの結果だと思います。


だから、いまを生きる私たちがきれいな水が使えるのは、昔の人たちのこうした活動のおかげなんだなあと思います。

けれども、一人一人が特別なことを頑張ってするのは、長続きしないと思っています。だから、「自分にできる小さなことを楽しく、私らしいやり方」で未来に生きる人たちのためにできればいいなあと思っています。 こうして絵本という作品を通して水の大切さをお話しにしたり、歌にしたことも、私らしいやり方の一つなのです。これからも少しずつ増やしていけたらいいなあと思っています。


このお話をお読みいただいた後、あなたの身近にある「水」について思いを寄せてみていただけると、私も嬉しいです。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

以上Amazon Kindle書籍紹介ページより引用


上記文章を翻訳したものは下記のURLからジャンプしてお読み下さい。

A story about a dragonfly that cleans water

The Rainbow Dragonfly and The Dragon Princess

https://amzn.to/3wuNblr


 この本の中には歌があります。「あおくすんだ水のうた~Aria S.(アリアエス)」と言う歌です。作曲家の山水治夫さんの曲にこの本の著者、うた のりこさんが歌詞をつけました。翻訳版では歌詞の英訳をさせて頂きました。youtubeで曲を聞くことができます。



 歌はシンプルで、youtubeを見ながら歌うことができます。私が受け取っているスピリチュアルメッセージでは、「この曲を歌うと琵琶湖が保っている宇宙の記憶、地球の記憶をダウンロードすることが可能」だそうです。ぜひ琵琶湖に行って歌ってみて下さいね。(今も聴きながらブログ記事書いています♪)

 この本の紙書籍版には付録があります!主人公のにじいろとんぼを製作できるのです。

大人でも楽しい工作です。


↑のりこさんが作って送って下さった付録のにじいろとんぼちゃん♪




紙の書籍はこちらから販売されています。


にじいろとんぼ書籍販売ページ

https://fly8tombo.thebase.in/

 滋賀県特産のよもぎ入り!石鹸とのセットもオススメです!水を綺麗にすることを意識しながら、お肌も綺麗になれそうです。↓お写真は販売ページよりお借りいたしました🙏


↑お写真は販売ページよりお借りいたしました🙏



絵本と石けん(伊吹のよもぎと湖華舞®️の乳清)ミニサイズセット 2,200円

https://fly8tombo.thebase.in/items/38520819


 翻訳者Yukie Izumiの翻訳実績をご紹介すると共に、著者うたのりこさんについてご紹介ページを作成いたしました。そちらにはフェイスブック、インスタURL、書籍販売ホームページのリンクも掲載させて頂きました。

クリエイター うた のりこ様

https://www.spiritualcounseloryukieizumi.com/utanoriko

他に翻訳のご依頼を頂いた方々のご紹介ページはこちらです。

https://www.spiritualcounseloryukieizumi.com/translation

書籍のプロフィール写真を撮影させて頂いております。

フォトセッション

https://www.spiritualcounseloryukieizumi.com/kaiunphotosession




 私は絵本が大好きです。オフの日はバルコニーに座って、コーヒー片手に、集めた絵本を読みながら、時々瀬戸内海を眺めています。


 絵本は子供の為だけにあるのではありません。大人のためにもあります。絵本は子供にわかりやすく伝えるためにしてあるので、内容はシンプルで、理解しやすい文章になっています。子供が面白ければ、大人も絶対面白い絵本だと思っています。


↑これは自宅ではありません(笑)が、こんな雰囲気で✨

 今年はまだ自分の著書は出版していません。色々な原稿が途中で止まっています。けれども、有難いことに他のクリエイターさんの著書の翻訳版を7冊手掛けさせて頂きました。私の本業はスピリチュアルカウンセラーなので、翻訳家の様にすぐに原稿を仕上げることは出来ません。


 また、全てはエネルギーで成り立っていることを実感として解ってしまう体質なので、言葉の裏側にあるエネルギーの振動を大切にした言葉選び、翻訳を手掛けております。今後もこういった姿勢で進めて参りますので、どうか亀の歩みでじっくりお付き合いくださると嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

65回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示