翻訳コンサルティングサービス内容を更新させていただきました。


 翻訳サービスのシステムを変更させていただきました。変更前は電子書籍販売ページの書籍紹介文の方はオプションで別料金とさせていただいておりました。しかし電子書籍の翻訳のご依頼場合は、書籍紹介文の翻訳もセットでご提供させていただくことに変更いたしました。  書籍を翻訳したのに紹介文を担当していないとなると、全体的な統一性が崩れます。また担当していない翻訳文を見て「泉の仕事なのか?」とご指摘を受けました。そういった経緯もあって、私自身の翻訳家としての仕事のイメージや価値も下げかねないということに気付かされました。


 電子書籍の場合は、読者は立ち見をすることができず書籍紹介文のみが頼りです。また、書籍に翻訳者がいる場合は、必然的に紹介文も著者が作成したものとみなされます。以上のような理由から紹介文の方もセットでご依頼くださる場合のみご依頼を引き受けさせていただきます。

絵本・書籍の翻訳コンサルティングサービスのご案内詳細はこちら↓

https://www.spiritualcounseloryukieizumi.com/post/translation



基本料金

原稿

4,400文字まで 税別48,000円~


アマゾンキンドル等の書籍紹介文

1,200文字位を目安としています。 税別12,000円


ご利用料金は原稿翻訳料金+書籍紹介文の合計に消費税が加算されます。



紹介文について

 原稿と書籍紹介文のセットで翻訳のご依頼を承ります。紹介文は「まえがき」や「あとがき」をお使いになったり、自動翻訳アプリを使ってコピペしようかと思われるかもしれません。


 自動翻訳は完璧ではありません。最近は進化したアプリがありますが、しかし所々???という単語が出てきたり、前後の文章の関わりがおかしくなっていることがあります。それは英語がわかる人が読めばすぐにわかります。


 また出版される書籍に「翻訳者」が存在するのに自動翻訳の書籍紹介文だと読者に不信感を与えかねません。アプリを使って自動翻訳された本だと誤解されるかもしれません。


 例えば他の言語の本が日本語に翻訳されていたとしょましょう。翻訳者がいるのに、紹介文の日本語が機械的です。私だったら、「内容もこんな感じなんだろうな。せっかくお金を出すのだからきちんとしたものを購入したい。」とその購入について躊躇するでしょう。また似たようなもので、きちんと翻訳されているものがあればそちらを購入すると思います。


 書籍の紹介文は著書と同じくらい大切です。読者は立ち読みできませんから、紹介文が唯一の頼りなのです。その印象がクリック数に影響を与えます。また、紹介文の印象はそのまま著者のイメージになります。


 キンドル紹介文の翻訳を日本語の文章のコンサルティングからお手伝いさせていただいた方は、英訳された著書の出版後現在で約1ヶ月経過ですが、100位以内を保たれています。(2021年4月2日現在 画像の真ん中の書籍です。)



Shoko Sato

There were Ogres! 鬼がいた 99円

https://amzn.to/3rLiHZb

 この書籍については、もちろん書籍内容のオリジナリティの素晴らしさ、表紙のデザインと色使い、価格設定等の条件が組み合わさり順位をキープされていることもランキング要素となっているでしょう。こちらの書籍の紹介文はご依頼を受けて英語で作成させていただいたものです。また、紹介文の書き方もコンサルティングさせていただきました。

 以上の理由により、今後は原稿と紹介文のセットでのご依頼を承ります。



最後に

 翻訳のお仕事ってそんなに簡単ではないです。人からお金をもらってさせていただく仕事です。私は8年のアメリカ在住経験があります。ですから文化的な違いや影響、言葉の使い方で印象が変わってくることなどを肌で体験しています。


 こういった学びは、日本で英語を学ばれた方には理解しづらいことがあると思います。海外での体験がなければわからないことなどもあるでしょう。また、ここでは詳しく書きませんが、日本人同士で英語で話す場合、英語で話しかける時のマナー(暗黙の了解みたいなもの)もあります。


 みなさんが何を選択されるのかは自由です。けれどもプロの仕事はプロの仕事です。当方の提供するのサービスは、価値のあるものを提供したい方、しっかりしたものや品質の良さを求められる方、こう言った見えない裏側の価値を理解し、選択したい方に相応しいサービスです。ご検討の際に参考になれれば嬉しく思います。


#翻訳

#スピリチュアルカウンセラー泉雪恵

#スピリチュアルカウンセリング

#スピリチュアルコーチング

#翻訳コンサルティング

#絵本の翻訳

#ハイアーセルフからのメッセージ

#自己投資

#作家

#作家いずみゆきえ

#著者

24回の閲覧0件のコメント